女性にエネルギーを与えたい。画家志方弥公さんが壁画にこめた想い

銀座・数寄屋橋交差点の一角に位置する商業施設、東急プラザ銀座内のセレクトショップ「HINKA RINKA」(ヒンカ リンカ)。

そのフロアのところどころにアート作品が彩を加えています。

これらの作品は、障がいをもつアーティストによるもので、パラリンアート運営事務局と東急百貨店のタッグにより、コラボレーションが実現、ショッピング空間をより華やかなものにしています。

実際に、作品を現場で書き上げたアーティストの1人、志方弥公(しかた みさと)さんに作品についてお伺いしました!

================

【関連するその他の記事はこちら】

銀座の新スポット“HINKA RINKA”を彩るパラリンアート

~作品紹介編~   ~制作秘話編~

================

―普段どのような作品を制作していますか?

普段は不透明水彩絵の具、アクリル絵の具、岩絵の具などで色んな画材をミックスさせながら様々な表現を試みています。

仏教哲学をベースにした、私の死生観が反映された作品がもっとも多いでしょうか。

私が子どもの頃から創り上げてきた、空想のキャラクターのいる世界が、私の死生観とリンクしているのです。

そのキャラクターの名前は「コットン」で、白と黒がいます。

見た目はシロクマのようで、犬のようで……、でも架空の生き物です。

絵を描く時、美しい景色を参考にしてイメージし、落とし込むのですが、それは原形を留めておりません。

絵の具を水に流し込んで、水の力で流動的に紙に染めていく手法を採っているため、壁画にはない世界観があります。

 

―今回の作品に込めた思いを教えて下さい。

まず銀座という東京で一等地である場所で、壁画を描くというお話を頂いた時、ぱっと浮かんだのが黄色、金色、そして少しの赤でした。私にとっての銀座はそのような色彩のイメージでした。

志方さん作品

志方さんの作品「これもあれもどれもすべて私」縦3m横9mとHINKA RINKAのパラリンアートの中でも最も大きい。アクリルを塗り重ねて立体感を出している。

 

そこには、大きなエネルギーが渦巻いていて、大きなお金が動き、色んな人が行き交い、ハイステータスの街を創り上げていくようなところで、女性たちが闊歩する……。

そんな女性たちが、たまには違う自分を見てみたい、と常に思っていて、だからこそ新しい商品を求めてやってくるのでしょう。

私の作品はフィッティングルーム全体を覆う壁画です。

そんなときに、私の作品を目の前に、鏡に映った自分を見て、変化を感じることが出来たらどんなに良いでしょうか。

照明の光が壁画の色に反射して、顔が明るく見えるように、上半分は白、黄色、赤を演出しました。

けれど、心の中では冷静に、客観視する私がいるのです。

心の奥底を描くようにして、水の象徴である青を演出しました。

一つの心の中で、複雑に絡み合っている私の一部を、鏡に映し出される――そんなイメージがぱっと浮かんで、勢いをつけて壁画制作に取り組みました。

  ―完成した作品を見てどのように鑑賞者に感じてほしいですか?

もっと違うあなたを発見出来るはず!違う自分を見つけたら、もっともっと自分自身を愛せるはず!

美しくなりたいのは全員が思うこと。もっと大胆に、もっと自分を愛しながら。

小さな勇気を持って大きな一歩を。

―あなたにとってアートを制作することはどんなことですか?

志方さん2

絵を通して、観る人にエネルギーを与えることです。観る人によって受け止め方は様々ですが、共通して言えることは、そこにエネルギーを感じる、と思うことだと思います。そのために、私は一つ一つの作品を大事に、入魂しています。

普段の作品は、水というエネルギーを借りながら制作しています。

そして絵の具は鉱物という材料を使用しています。(※岩絵の具)

自然の力を借りながら、制作しています。

地球という大いなるエネルギーを享受しながら、鑑賞する人々に与えていく。

それが私にとってのアート制作だと思っております。

 

志方弥公 プロフィール

1981年生まれ、兵庫県西宮在住、先天性聴覚障害をもつ。

画家・株式会社MISATO SHIKATA代表取締役

【経歴】

2008年から本格的な絵画制作を開始。2010年ドイツの伝統あるアートフェスティバル「バーゼル美術展」に出展。

2015年東急百貨店東急東横店の2~3階踊り場壁画制作。café ココカラ∞(兵庫県西宮)、ゆうやけこやけ ふれあいの里(東京都八王子市)個展

2016年HINKA RINKA壁画制作

【主な受賞歴】

2015年スペイン・バルセロナ国際サロン 銀賞受賞

パラリンアート CDジャケットデザインコンペ 受賞

オリジナルキャラクターが登場し、いのちの大切さを物語にした絵本を全国の学校や障がい者施設に届ける活動も行っている。

公式ウェブサイト:http://cotton-story.com/misatoshikata/

公式Facebook:https://www.facebook.com/misatos.art/

 

【関連するその他の記事はこちら】

銀座の新スポット“HINKA RINKA”を彩るパラリンアート

~作品紹介編~   ~制作秘話編~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中